妊娠記念をマタニティフォトで残す❘ママと赤ちゃんの想い出作り

過去の写真を比較

男の子

昔から続く習わしの一つには七五三があります。以前までの日本には、生後数年までしか成長できない子どもが多かった為、三歳という節目を迎えられることに対して大いに喜んだものです。さらに、五歳、七歳と成長するに連れて大人になっていく成長祈願を込めて、全国各地で七五三イベントが行なわれるようになりました。写真スタジオでは、そうした七五三の記念を想い出に残す為の撮影プランを組んでいます。基本的に、11月を目安として七五三のお参りが行なわれるので、10月あたりから七五三プランが宣伝されていくでしょう。七五三写真の撮影時には、一人で写るケースもあれば兄弟と一緒に写るケースもあります。兄弟と一緒に七五三写真を撮影できると、費用をひとまとめにできるので個別に撮影するよりも安くなることを期待できます。

七五三写真を撮影する際には男児、女児共に和装を着用します。着用する和装はプラン内にレンタルサービスとして含まれているので、撮影当日は、撮影後そのままお参りへ向かえるでしょう。和装レンタル、写真撮影、アルバムなど全てまとめてプランにされているので、個別に依頼するよりもずっとお得になります。子どもの魅力を最大限に引き出す為にも、衣装選びにはこだわりたいものです。子どもよりも親の方が必死になるものです。たくさんある衣装の中から選びたい場合には、七五三プランが登場してからすぐに予約することです。お参りの時期は地域ごとに重なる可能性があるので、人気のある衣装はすぐに先約が入るでしょう。七五三写真の衣装にこだわるのであれば、なるべく早めに各スタジオの衣装に目を付け、最も興味のある衣装を備えているところを選びましょう。