妊娠記念をマタニティフォトで残す❘ママと赤ちゃんの想い出作り

撮影のタイミング

妊婦

女性は機会に恵まれると、妊娠や出産を経験できるでしょう。妊娠している期間はずっと続くものではないので、赤ちゃんを授かった記念としてマタニティフォトを撮影しておくと想い出に残せます。マタニティフォトは、お腹にいる赤ちゃんと一緒に想い出を残せるものとして人気を集めています。さまざまなシーンの記念写真を撮影する大阪のスタジオでは、ママの要望通りのマタニティフォト撮影を行なっているでしょう。

妊娠すると、ほとんどの女性がつわりに襲われるようになります。その期間中は吐き気や食欲減退といった症状に見舞われてしまいます。スタジオでの撮影は平均で3~4時間掛かることもある為、つわり期間中に撮影に挑むことは困難です。妊娠している女性の体調が安定してからマタニティフォトの撮影を検討しましょう。安定期に突入してから臨月を迎えるまでには数ヶ月掛かるので、都合のいいタイミングでスタジオを押さえておくことです。

なるべく、お腹が大きくなっている状態を写真に収めたいと考えるママが多く、臨月に入った頃に予約することもあるでしょう。臨月のときにお腹が最大に膨れ上がるので、赤ちゃんの存在をお腹にいながらにしてリアルに残せるものです。しかし、人によっては出産のタイミングが予定日と大きくずれる可能性もあるので、医師と相談しながらマタニティフォトの撮影タイミングを掴むことが重要です。撮影時に用いるライトの光は強く、多少なりとも体へ負担を与えてしまうので、休憩を挟みながらの撮影を試みましょう。

過去の写真を比較

男の子

日本では、数えで三歳、五歳、七歳になった子どもの成長記念を祝うイベントとして七五三があります。七五三写真の撮影時には、神社へ行く際に着用する和装レンタルも併せて行なえるのでとても便利です。

もっと読む

家族全員での撮影

赤ん坊

記念写真を撮影する際には撮影対象者一人での撮影が多いものです。しかし、お宮参り写真など子どもの誕生を祝い、これからの成長を祈願するものは家族全員での撮影が行なわれるケースが増えています。

もっと読む

就活にも便利

男女

フォトスタジオでは記念写真の撮影以外に、就職活動に用いる証明写真の撮影も行なっています。スピード印刷よりもはるかに綺麗に撮影できる上に、相手方へよい印象を与える写り方もアドバイスしてもらえるでしょう。

もっと読む